Category Archives: Lpi

Lpi LPIC-2 201-400参考書はあなたが自分の夢を実現することを助けられます

2016年 7月 1日に LPICレベル2 の日本語版の試験コード(Exam Code)が以下の通り変更されました。出題範囲の変更はありません。 <旧> 117-201 → <新> 201-400 <旧> 117-202 → <新> 202-400 LPICレベル2 を日本語で受験する場合は、必ず「201-400」または「202-400」を選択してください。 TestpassportのLpi LPIC-2 201-400問題集では、あなたが試験の出題範囲をより正確に理解することができ、よりよく試験に関連する知識を習得することができます。 実際のLpi LPIC-2 201-400試験問題のすべてが含まれていますから、それだけでも試験に受かることができます。 弊社のLpi LPIC-2 201-400試験資料は試験に関するすべての優れた参考書を見つけることができます。 弊社のLpi LPIC-2 201-400勉強資料は完全にリソースと試験の質問が装備され、それは201-400試験内容が含まれています。 あなたが必要とするあなたのLpi LPIC-2 201-400試験トレーニング資料の準備をします。 https://www.youtube.com/watch?v=R9LBEeoJJZc 試験概要 受験の前提条件:受験のための実務経験や前提資格保有条件はありませんが、前提資格保有条件として、「有意なLPICレベル1」を保有している必要があります。(有意性の期限についてはこちらをご確認ください。)ただし、受験するだけであればレベル2を先に受験することも可能です。(レベル1認定を取得するまで レベル2認定は取得できません) 受験費用:1試験あたり15,000円(消費税別)(日本語版)です。 試験実施方式:試験方式はコンピュータベーストテスト(CBT)です。 マウスによる選択方式がほとんどですが、キーボード入力問題も多少出題されます。 CBTの詳細は試験配信会社(テストセンター)「ピアソンVUE」までお問い合わせください。実技や面接はありません。 団体受験用にペーパーテスト(PBT)もございます。 問題数:約60問 試験時間:90分 日時・会場:日時・会場を全国各地から自由に選択して受験できます。 認定要件:有意なLPICレベル1の認定を持ち、且つ、201試験と202試験の両方に合格するとLPICレベル2に認定されます。受験する順番はどちらからでも構いません。 ※ 認定されるためには、2試験(201試験と202試験)を5年以内に合格する必要があります。 合否結果:合否結果は試験終了と同時に判ります。 ※ ペーパーテスト(PBT)の場合には、数週間後に郵送などの方法で結果をお知らせします。 平均勉強期間:一般的な勉強期間の目安としては、3か月~半年程度です。 弊社のLpi LPIC-2 201-400勉強資料は特別にデザインしてできるだけあなたの仕事の効率を改善するのソフトです。 正確的なLpi LPIC-2 201-400認定試験の資料を整理して、直ちにもっとも最新の資料を集めて、弊社は全会一緻で認められています。 弊社のLpi LPIC-2 […]

Continue reading »

LPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースを使えば、きっとパスことができます

LPICレベル2は、Linuxによるシステム構築、ネットワーク構築を行ったりLinuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識を幅広く問います。 ・小規模から中規模までのサイトを管理する ・次のような小規模の混在 (MS、Linux) ネットワークの計画、実装、保守、一貫性の維持、セキュリティ設定、トラブルシューティングを行う – LANサーバ (Samba) – インターネットゲートウェイ (ファイアウォール、プロキシ、メール、ニュース) – インターネットサーバ (Webサーバ、FTPサーバ) ・アシスタントを監督する ・システム導入、案件の発注内容、予算等について管理職に助言やサポートをする 受験者のために特別に作成したTestpassportのLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースは97パーセントの合格率を保証することができます 弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースを使用すれば、試験をパスすることを希望したら、ある程度のテクニックといい理解能力が必要です。 本当の201-400Jと202-400J試験に出題される傾向のあるポイントにまで集中することができる正確性があるので、短期間で合格することができます。 弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースを使用すれば、気楽に試験に受かることもできます。 LPICレベル2 試験概要: 受験の前提条件:受験のための実務経験や前提資格保有条件はありませんが、前提資格保有条件として、「有意なLPICレベル1」を保有している必要があります。 受験費用:1試験あたり15,000円(消費税別)(日本語版)です。 試験実施方式:試験方式はコンピュータベーストテスト(CBT)です。 問題数:約60問 試験時間:90分 認定要件:有意なLPICレベル1の認定を持ち、且つ、201試験と202試験の両方に合格するとLPICレベル2に認定されます。受験する順番はどちらからでも構いません。 弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースは問題と解答は本物の試験の挑戦で、受験者を助けて試験に合格するということを証明しました。 試験の勉強は弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースを中心に勉強しましたが、自分なりに分析した結果、問題慣れしていないです。 受験者は試験を受ける前に弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースを使えば、きっとパスことができます。 201-400試験範囲:出題範囲詳細(Ver4.5): 主題200:キャパシティプランニング 200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング 200.2 将来のリソース需要を予測する 主題201:Linuxカーネル 201.1 カーネルの構成要素 201.2 Linuxカーネルのコンパイル 201.3 カーネル実行時における管理とトラブルシューティング 主題202:システムの起動 202.1 システムの起動をカスタマイズする 202.2 システムのリカバリ 202.3 その他のブートローダ 主題203:ファイルシステムとデバイス 203.1 Linuxファイルシステムを操作する 203.2 Linuxファイルシステムの保守 203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する… Continue reading

Continue reading »

LPIC-1(101-400,102-400)激安コース問題集は高い信頼性を知ることができます

LPICは、大きく分けるとレベル1(LPIC-1)、レベル2(LPIC-2)、レベル 3(LPIC-3)の3つのレベルあり、レベル1から順に受験し合格しないと各レベルの認定はされません。 1.LPIC-1 Junior Level Linux Professional (初級) 2.LPIC-2 Intermediate Level Linux Professional (中級) 3.LPIC-3 Senior Level Linux Professional (上級) 実践に役立つ知識とスキルを身に付けて、101-400と102-400試験の知識をビジネスに活かして頂く方をTestpassportは応援します。 弊社のLPIC-1(101-400,102-400)激安コース問題集は高い信頼性を知ることができます。 Testpassportによって設計のLPIC-1(101-400,102-400)激安コース勉強資料を使用すると、楽に101-400と102-400試験に合格するのを助けることができます。 他のお客様が101-400と102-400を使用してから、合格しました。 下記はLPIC-1認定101-400受験体験記です。 【試験コード】 101-400 【受験日】 2017/01/23 【合格点】 500点 【取得点】 860点 【受験回数】 1回目 【出題形式】 単一選択,複数選択 【試験時間】 90分 【学習期間】 3週間 【参考にしたテキスト/Webサイト】 黒本問題集 testpassport問題集 【学習方法】 試験範囲が狭いので問題集中心に進めました。 testpassportのweb問題集をおすすめします 【試験の感想】 難易度は高いですので、testpassportの問題を暗記した、意外にも高得点になりました。 102-400を合格しました 下記はLPIC-1認定102-400受験体験記です。… Continue reading

Continue reading »

素晴らしいLPICレベル2認定202-400試験材料を提供するだけでなく、良いサービスも提供してあげます

LPICレベル2認定に認定されるためには201試験と202試験に合格し、かつ、有意なレベル1認定を保有している必要があります。どの試験から受験しても構いません。 202-400受験のための実務経験や前提資格保有条件はありませんが、前提資格保有条件として、「有意なLPICレベル1」を保有している必要があります。 Testpassportは最先端のLPICレベル2認定202-400試験問題のすべてのタイプをカバーし、提供するすべての正解です。 お客様は初心者であれば、それとも自分の教育知識と専門技術を高めたければ、お客様の望ましい目標に段階的なLPICレベル2認定202-400トレーニングを提供します。 弊社のLPICレベル2認定202-400問題集は多くの方面に分かれているので、しっかり専門知識などを学習しないと合格できないのです。 信頼性が高い、確かな授権が保証されたLPICレベル2認定202-400勉強資料として、精度が高くて、一回で試験を通すように助けます。 202-400試験に合格するためには、以下の能力が必要です。 小規模から中規模のネットワークシステムを管理できること。 Linux、UNIX、Windowsが混在する小規模なネットワークの設計・運用・保守ができ、安定かつ安全な稼働を維持し、トラブルシューティングができること。なお、ネットワークには以下が含まれる。 – LAN サーバ (Samba、NFS、DNS、DHCP、クライアント管理) – インターネット ゲートウェイ (ファイアウォール、VPN、SSH、Webキャッシュ / プロキシ、メール) – インターネット サーバ (Webサーバおよびリバースプロキシ、FTP サーバ) アシスタントを管理できること。 自動化および購入に関して管理者に助言できること。 LPICレベル2認定202-400試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます。 主題207:ドメインネームサーバ 207.1 DNSサーバの基本的な設定 207.2 DNSゾーンの作成と保守 207.3 DNSサーバを保護する 主題208:HTTPサービス 208.1 Apacheの基本的な設定 208.2 HTTPS向けのApacheの設定 208.3 キャッシュプロキシとしてのSquidの実装 208.4 WebサーバおよびリバースプロキシとしてのNginxの実装 主題209:ファイル共有 209.1 Sambaサーバの設定 209.2 NFSサーバの設定 主題210:ネットワーククライアントの管理 210.1 DHCPの設定 210.2 PAM認証 210.3 LDAPクライアントの利用方法 210.4 OpenLDAPサーバの設定 主題211:電子メールサービス 211.1… Continue reading

Continue reading »

303-200無料体験版をダウンロードして試用します

レベル 3 303-200 試験の出題範囲改訂(Ver2.0)について(差分の説明) 2016 年 3 月1日(予定)より、日本語版のレベル 3 303 試験の出題範囲を改訂します。 改訂時期は変更になる場合がございますのでご了承ください。 改訂後の出題範囲のバージョンは、Ver2.0 となります。 303-200 試験 Ver1.0 がリリースされた 2009 年から5 年を経て、今回の出題範囲の改訂では近年の傾向を反映して Linux およびオープンソースの最新のセキュリティ技術を取り入れて再編成いたしました。 Testpassportの303-200問題集は試験の質問と回答を検討し、候補者の大多数の重大な利益を提供するためにコミットしています。 303-200無料体験版をダウンロードして試用し、303-200の品質と適用性を確認することができます。 1.Which of the following access control models is established by using SELinux? A. Security Access Control (SAC) B. Group Access Control (GAC) C. User Access Control (UAC) D. Discretionary Access Control (DAC) E. Mandatory Access […]

Continue reading »
1 2 3 5